ラクに毎日すごせるって素敵だ

どうしたらラクに生きられるか

人生楽して生きていたい、というと目くじらをたてる人がいますが、あれはなんなんでしょうか?

人を出し抜いてとか騙してとかそういうことをしたいわけじゃないのに、「ずるいのはよくない!」みたいなことを思うのでしょうか?

お金持ちでも容姿端麗でもなんでもいいんですが、いわゆる人がうらやましいと思うみなさんも、実はけっこう苦労されていると聞きます。

残念なことに自分は人に自慢できるような何かがあるわけではないので、聞いた話ですけど。

そんな自分ですが、ラクに生きる理屈はわかってきました。

「自分がラクしていると思えれば、事実なんてなんでもいい。」ということ。

他人がどう思うおうが自分が「あー楽だな~」と思えれば、それでいいやというわけです。 他人がどう思うがっていうのが振り切れずなかなか難しいのですが。

自然てなんなんだろうか

命は生きるために生まれてきます。自然界は「生きるための仕組み」に満ち溢れています。

生存競争と聞くとこわくて震え上がっちゃいますが、よくよく自然をみていると、いろいろなことが重なって、できるだけ生きるようにできている気がします。

だから「自然に寄り添って」生きると、ラクに生きられるんだと、この冬特に思っています。

じつはぎっくり腰をしてしまい落ち込んでいました。結構運動量も多いのだと思っていたので、まさかぎっくり腰なんて。。。

そこでよくよく毎日を見直してみたら、平日は全然動いていませんでした。休日は肉体労働していたのですが、いきなり重労働をしすぎでした。

そういうわけで筋肉のつながりや神経のつながりを素人ながらに眺めているのですが、ストレッチをしたり筋肉を緩めたりしていると体とてもラクに動かせるようになるのです。

あたりまです。

このあたりまえが、なんだか生きること全体に広がっている気がしてなりません。原理原則がわかってしまえば流れにのるだけで毎日が楽しくなりそうです。

とうめんの課題

すごく日常の話に戻りますが、自宅の改修をしたいところをとことんやってみようと思います。

2018年はまずDIY。住む場所を仕上げます。

2019年からは農的生活と小商いをテーマにしていきたいです。

それもこれも「自然」の流れにのっかればうまく回るだろうから、あんまり川を逆流するようなことはせず、かといって濁流にのみこまれて舵がとれないようなこともないように。

ちょっと久しぶりの記事だったのでふわっとしていますが、そんな感じで最近すごしております。

三和土(たたき)をつくる_はつり

これをあれでこうしました。

漫画風にさっくりと。(現状を三和土ができるようにアップデートしました。)

前に住んでいた方が造作した土間のコンクリートを

これ(ハンマードリル、大工のおじさんからの借り物)で

はつりました。

 

コンクリートの下には大量のゴミ。。。ゴミを埋めない!!(この家はこんなのばっかり)

綺麗にしました。

 

これで土だけの土間になったので、三和土の準備完了です。

合計8時間以上中腰だったので腰がハッチャケそうです。

あーにかあーにか。

 

 

荒壁をつくる_補修と竹木舞

いよいよ塗りです

自作の壁土(田んぼの土を稲わらと水とまぜて半年くらい、庭に穴をほってブルーシートでプールをつくったところで発酵させたもの)をいよいよ使うことに!!!

発酵臭がほどよい感じです。

この日のために購入したプラフネと左官鍬が本領発揮。(近所の工具店で買いました) 電動の左官用ミキサーが一般的かもしれませんが、そんなに頻繁に使わないから今回は左官鍬でコネコネ。


さっそく、塗ってみました。 まずは土壁が残っているところの補修。

色の濃いところがあとから塗った部分です。乾くと同じような土色になりました。

これまで骨材の大きい漆喰塗料や外壁材は塗ったことがありましたが、比較すると土壁塗りやすい!!稲わらが骨材なので柔らかくって素人はつくづく自然素材が施工しやすいと感じる瞬間でした。

土の感触がわかったところで、次は木舞の補修です。

土壁は竹や木の上に土を塗る構造です。よくあるのは竹木舞という方法、竹を格子状に組んで、藁紐を編み込んで土が引っかかる部分をつくりそこに土を塗っていく。

古い家の土壁は土が剥がれ落ち、竹が折れていました。

折れた竹をとったところ

ほぼないw

この壁の裏は押入れで現役で使っているので壁全面は壊せません。床下にあたる部分だけを補修します。

とりあえず竹があればいいんでしょ、ということでビスで竹を木に打ち付けました!

それっぽいからいいかな~

あ!!白アリが土台を食っている!!!!

。。。。そっと上から土を塗りました。(この部分の補修は別途やることにしました。もちろんDIY)

荒壁の素材は、土と藁と水と竹と藁と木

土と藁と水で塗るための壁土が出来ることは先ほどのとおりです。

話は前後しますが、壁の芯というか土台になる部分が木舞と呼ばれる部分です。

竹と藁縄が必要です。

自作も考えましたが、かなりの手間。農作業やほかのDIYとのバランスも考えて購入することにしました。

とSNSで書いたところ、去年、一度だけ土壁のお手伝いをさせていただいた

芳泉茶寮さん

(立派な古民家を改修されておしゃれな空間に。土壁のこと三和土のこと竈のこと、土間の改修はすべてこちらのリノベーションがお手本です。)

から、木舞用の竹をいただけることになりました。

さっそくお邪魔して手作りの木舞竹をいただいてきたのです。

あとは藁縄。ホームセンターでもよかったのですが、我が家のリノベーションポリシー「できれば国産で品質の良いもの」を専門店で購入したいなと思っていたので

ぐぐります。

木舞 藁縄 とかいれると結構、情報があります。何件か見積もりを問合せて、今回は

縄忠さん で購入させていただきました。

「創業110年の信頼と実績、縄屋 忠右衛門」

このコピーだけでもぐっときちゃいます。電話で状況をご説明するとご店主がどのくらいの縄が必要か教えてくださいました。

当初は1.5坪くらいの壁をすべて土壁にしようと考えていたので、2束を注文。6千円くらいです。(高いといえば高いのですが、それ以外が無料かつ自然素材ばかりだったのでクオリティを優先しました。)

いよいよ材料がそろったわけです。

「竹だけでできるぞ」というお言葉

隣人の元大工の棟梁が遊びに来てくれました。というかいつも作業するときはいるw

木舞をかいて、縄を編もうと思うと伝えたところ

「ビスで竹を細かく留めれば縄いらねえぞ。」

ええええええ!!

竹を縄で編むのがセオリーでしょ???

七十代の先輩に効率重視の方法を教わるたびに、日本文化が継承されないことを危惧します。1mmくらい。

ああ、ビスでね、さくっとね。

でも6千円の縄買っちゃったんだよね。

 

。。。ぜったい編む!!

 

ともあれ、ビスで打ち付ければいいというプロのお言葉に気が楽になりました。

ようは固定できればなんでもいいんだと開き直ったわけです。

とりあえず壁を骨だけにします。

この時点で、すごく気持ちがいい。いつもちょっとじめっとしている土間が解放感あふれる空間になりました。

解放感溢れすぎで冬はたまらんね。これ。

ちょっとこの開放感が捨てがたくなってしまい、三角の部分は土壁をしないことにしました。

木木舞というか、普通の壁の柱と貫が残っているので竹はビス止めでいいやと。

まわたし」はふつう竹を柱などの木に差し込みますが、ビスで固定したわけです。手抜きです。

または効率重視。

そして、木舞竹を縄で編んで固定していくわけです。

めっちゃ楽しい!!

なにこの美しさ。

このままでもいいんじゃないかな。

冬がこなければ。

 

塗ってみたのがこちら。

内側から押し込む感じで土を塗っているので、裏側からは竹と竹の間から土がむにゅっとでてきます。

この、むにゅ、をならすことを「返し」といいます。

タイミングはいろいろあるらしいのですが、例の元棟梁が「乾く前にやれ」とおっしゃるので、内側から塗り終えたら速攻返しました。

はえーな返し。

さすがに早すぎて、最初に塗った内側がちょっと凸凹してしまったのである程度固まったら正式に「返し塗り」をすることにしました。

こんな感じ。

完了。

あとはひび割れを待つばかり。

土壁は手間がかかりますが、通気や調湿の機能が高いそうです。プロがちゃんとやると強度もどんどんあがって釘が打てるようになるそうです。

ちなみに土間が湿気ているのか、土つくりが下手なのか後日壁からキノコがはえてきました。。。

かわいい!!

そんなこんなで土壁つくり、完了です。

 

 

 

荒壁をつくる_壁土の準備とはつり

土壁を塗る 準備

昔の作りの家を直すと決めた時から、土壁を塗りたいと思っていました。

土間の空間を好きにしてよいという家人のOKがもらえたので1枚だけ木舞をかいて土壁にすることにしました。 土間の空間は増築したようで補修がしてあったのですが結構やっつけ。 ベニア板で既存の土壁をすべて隠してしまって、今回土壁を塗るところはベニア板と外壁だけのスカスカ構造です。

まずはベニア板をはがします

ハツリ

家の改修以来のハツリです。 金づちとバールでベニア板をどんどんはがします。

Before

After

ベニア板の下からは荒壁が出現しました! 家の改修時は土壁はどんどん壊して土は捨ててしまいました。。。もったいない。。。

土壁は端のほうに隙間ができてしまい虫が卵を産んだり巣にしたりで結構傷んでいます。

荒壁:土と藁だけでできた土壁

ということで、春先に庭に穴をほってブルーシートでプールをつくり田んぼでとってきた土と去年までの稲わらをまぜて寝かせたものを使います。約3か月以上は寝かせたので発酵臭がしていい感じです。 いい感じの理由は、稲わらが分解されることで骨材となり土壁を塗るときに支えとなるからです。

泥だけでは土壁にならない!

プロは粘土質の良質な土を使い分けることもあるそうですが、いわゆる農家住宅では土地の田んぼなどの粘土質の土を使っていたそうです。 地のモノを時間をかけることで建築材料として使うことができる

とっても贅沢な気分です。

久しぶりにゴアトラをかけながらテンション高めにハツリ作業が完了しました。

Before

After

次回は補修~木舞かき

既存の土壁がある部分は自作の壁土で隙間を埋める予定です。

さらにベニア板と外壁だけだった壁は間柱と貫だけのこして竹木舞にします。

土壁に想うこと

いよいよと思うとドキドキ

週末は壁用に寝かせていた土を使って壁の補修をしてみます。

田んぼの土を稲わらと混ぜただけです。ホントに固まるのか心配で心配でたのしくなっちゃいます。

ベニヤをはがした土間の空気が少しだけ軽くなった気がするけど、それはもしかしたら板一枚で屋外につながっている隙間だらけの壁のせいかもしれません。

とりあえずやってみたらできること

家を修繕するまでDIYなんて趣味はありませんでした。

ただ、出来る気がした理由は、時たま遊ぶ欧米人の雑さ加減と彼らの趣味がDIYだったりすることだったかもしれません。

あいつらにできるなら自分でもどうにかなる!

Naturalhighlifeでお伝えしたいのはその気持ち。 だいたいのことは自分でできるよ~ やってみると興味がわいてもって知りたくなったり、できる人を尊敬できたり、世界がぐわっと広がるよ~ ということなんです。

 

 

住んでいる家を住みながら壊す楽しさ!

いよいよ土間の改装、まずは解体

移住して3年目、3回目の夏です。たぶん。

いよいよ土間の改装をはじめました!念願の土いじり。土壁と三和土とかまどをつくります。

とはいえいつも通りぶっつけ本番。ネットで情報を手に入れて、あとは現場でw

はるから寝かせている田んぼの土と自然栽培稲わらも、たぶんいい感じに発酵しているはずです。固まるか不安で仕方がありません!

まずは、はつりから。ベニア板がはってあるのをすべてはがします。

ビフォー

アフター

外壁とベニア板の間にはなにもなくて湿気を合板が吸っていたのでベロベロでした。あらためて、新建材って長期間使えないということを実感。施工はすごく楽だけど、みためも最初はきれいなんだけど、経年劣化がひどい。。。

自然素材は手入れをすると年齢を重ねると内側から美しさがにじみ出る気がします!土壁の美しいこと!(外壁ははりなおしだな。。)

解体作業はちょっとシリアスに集中したかったのでゴアトラ

もちろん畑の草刈りも!

草刈りは夏の週末のマストタスクです。

庭の畑は「メヒシバ」がお元気です。イネ科の雑草は生長点が地面くらいの高さにあるそうなのでひたすら抜いています。

無肥料栽培をしていると、どうしても雑草と向き合う必要があります。だってすぐ生えてくる!野菜を駆逐してく!でも雑草の役割があることを知ってしまったら除草剤なんて使えない!

メヒシバは土壌酸度に関係なく繁殖できるそうなので、なるべく野菜が育ちやすい中性より弱アルカリ性に環境を整えたいと思っています。とりあえず草木灰を水にとかして液肥的に散布してみました。

いい結果に結びつくことを祈っています。

頑張るとおやつがでます。

畑作業や解体作業で大汗をかいていると、雑穀スイーツのおやつがでてきます!

今週は柑橘ジュースの甘味だけで作ったヒエ粉のぷるぷる。

火照った体に甘味とぷるぷるがたまりません~

来週は連休、いろいろはかどりそう!

Holiday Events

  • いんげんの種まき
  • 大豆の救出草刈り
  • 土間の壁はつり完了
  • 庭でプール
  • 定植した苺が枯れたと思ったら復活
  • 旭の七夕祭り

 

ただ気持ちのいい時間が流れるナチュラルライフ

自然環境がよいところに住むメリット

移住してよかったことは、自然に囲まれた生活であることかつ自然が厳しすぎずぼーっとできることです。

家に帰れば体も心も旅先で癒されるようにリフレッシュします。空が広くて庭も広くて、空気も水も美味しい。それだけで癒される気がします。

ただ眺めているだけで気持ちも体も元気になる

今日は自宅で仕事をしていました。

夏だけど涼しい1日でとても気持ちがよかったです。やっている仕事はいつもと同じでも、ふと眺める風景が素敵だと得られるものは多いなと感じました。

外で作業できない日でも家の中は快適でした。(そういう日もある程度ですが)土の上に建っている自然素材の家。理想の我が家です。

自然が広がっているだけでとても贅沢な気分になってしまいます。

自宅で仕事をする贅沢をあじわう

こんな気持ちのいい家で仕事をしていて嬉しいことは風景だけじゃなくて、おやつがいっぱい出てくること。 妻が自宅で不定期の料理教室をしているおかげで試食も兼ねたヴィーガンスイーツ(雑穀スイーツ)が食べられます。もちろんランチも美味しいつぶつぶ料理♪ 会社では味わえないもう一つの贅沢です。

今日のおやつはアイスとバナナフリッター。仕事中で写真はとれなかったけど、仕事中のおやつは美味しさ倍増です。

横では次男がハイハイをはじめてニコニコしていて、ただただ気持ちのいい時間が流れる1日でした。

仕事は結構ハードな日だったけど、これなら頑張れる!

 

そろそろ土間の改装をはじめます。

ひたすら草刈りをする週末

今週は畑の草刈りに追われていました。畝の草はぐんぐん伸びて野菜たちが弱ってきている感じです。 肥料も農薬もあげないからって放置していると雑草には勝てません。

で、ひたすら草刈り。 とはいえ週末やるくらいじゃ追いつかず、野菜たちには申し訳ない気持ちと、暑さで思うように作業がすすまないジレンマ。。。写真もありません。。。

そういえばもうすぐ八月だから

土間の改装を始めます。

移住して3年目、やっと土間の改装をはじめます。 土壁、三和土、かまど。

土をつかったDIYにいそしみたい! 春から寝かせている土壁の材料もいい感じ(に思える。やったことないのでなんとなくです。)

かまどをつくるのに必要な瓦も手に入れえて、もろもろ準備が整ってきました。

連休に間に合うように木舞竹も発注しよう!

先生はいないのでワークショップではないけど、お手伝い募集

そういうわけで8月の11日~15日に、土間の改装イベント(というほどのこともない、ただDIYするだけです)を行います。

古家で土壁を塗ってみたい方、簡単な「はつり(解体作業)」をやってみたい方ゆるっとご連絡お待ちしています~

 

Holiday Events

  • 夏野菜の畝の草刈り
  • 秋冬野菜の畝たて5本
  • 土間の壁はつり
  • 庭でプール
  • 定植した苺が枯れた

フリン効果は無肥料栽培の話ですぐ体験できる

フリン効果

フリン効果をご存知ですか? 私は昨日知りましたw

「IQテストで、どの世代も前の世代より高い数値を示すというものです。」TEDより

このお話にでてくるたとえ話が、田舎のじーさんと話しているようで面白かったのでご紹介します。

昔の人は仮定や抽象ができなかった(アレクサンドル・ルリヤの観察)

”1900年頃のロシアの農夫との会話

「カラスと魚の共通点は何だい?」 答えはこうです

「何もない。魚は食えるがカラスは食えないだろう。カラスは魚をついばむが 魚はカラスに何も出来やしない」

「でも どっちも動物じゃない?」

「もちろん違う」 「片方は魚で もう片方は鳥だ」”

 

”村にラクダがいることに慣れている人に尋ねました。

「ドイツにはラクダがいない。ハンブルクはドイツの都市だ。では ハンブルクにラクダはいるかい?」 答えはこうです

「まぁ大きな街ならラクダくらいいるだろうよ」

「私の言わんとするところは?」

「そこは小さな村で ラクダには狭いのかもな」”

これは無肥料栽培の話を農家の人にした時の反応そのもの

“「農薬も肥料も使わずに野菜を作っているプロの農家がいます。

農薬や肥料を使わずに野菜は作れますか?」

「作れるわけがない。少なくとも肥料をやらずに野菜は作れない。プロではありえない。」”

。。。

フリンの話を聞けばIQが高ければ良いわけではないことはすぐわかりますが、フリン効果は実体験ですぐに体験できますよというお話でした。

循環する世界って素敵だな。

草刈りをしました。

 ⇨ 

借りている畑の大きい方(1反)の草刈りをしました。なぜってずっとサボっていたからです。。。

先週半分やったから、今週は残りの半分。約2時間で撤収、まあだいたいOKでしょう。この草がまた次の畑作業で使える資材になります。

キャベツの芽が出ました。

少し前に蒔いたキャベツの芽がでました。

「キャベツに種がある」という当たり前のことがなんだか新鮮なのも、いいんだか悪いんだか。

でも、芽がでるのはいつでも嬉しいもんですね♪

循環という幸せ

芽が出て膨らんで、花が咲いて実がついて、種ができたら枯れて土に分解される。 そして種からはまた芽が出て膨らんで。

とてもよくできた仕組みに思えます。いっさいの無駄がないというか、無駄さえも意味がある。自然の循環する世界にちょっと感動しちゃうところです。

美しい。

投資(種まき)するとリターン(果菜)がそれなりに見込める上に、初期投資が小学生でも準備できるレベル。さらに、どのステージにおいても関わるだけで自分の健康や幸福感に貢献してくれる。なにより一つの種からものすごい種が取れて再投資できる。もちろんリターンは確定(食べることが)できる上にめちゃくちゃうまい。うまいはなし。

こんなに割のいい経済活動はそうそうありません。ていうかないと思います。

誰でも自分なりのスタンスで参加できる「自然の循環」の世界。もっともっと極めていきたいと思います。

Holiday Events

  • 苺の定植
  • 畑(大)の草刈り
  • 庭の草刈り
  • キャベツの発芽
  • 早朝農作業
  • インゲンのネット張り
  • タンドラのカーナビ出費検討
  • 海沿いのカフェでお茶