荒壁をつくる_壁土の準備とはつり

土壁を塗る 準備

昔の作りの家を直すと決めた時から、土壁を塗りたいと思っていました。

土間の空間を好きにしてよいという家人のOKがもらえたので1枚だけ木舞をかいて土壁にすることにしました。 土間の空間は増築したようで補修がしてあったのですが結構やっつけ。 ベニア板で既存の土壁をすべて隠してしまって、今回土壁を塗るところはベニア板と外壁だけのスカスカ構造です。

まずはベニア板をはがします

ハツリ

家の改修以来のハツリです。 金づちとバールでベニア板をどんどんはがします。

Before

After

ベニア板の下からは荒壁が出現しました! 家の改修時は土壁はどんどん壊して土は捨ててしまいました。。。もったいない。。。

土壁は端のほうに隙間ができてしまい虫が卵を産んだり巣にしたりで結構傷んでいます。

荒壁:土と藁だけでできた土壁

ということで、春先に庭に穴をほってブルーシートでプールをつくり田んぼでとってきた土と去年までの稲わらをまぜて寝かせたものを使います。約3か月以上は寝かせたので発酵臭がしていい感じです。 いい感じの理由は、稲わらが分解されることで骨材となり土壁を塗るときに支えとなるからです。

泥だけでは土壁にならない!

プロは粘土質の良質な土を使い分けることもあるそうですが、いわゆる農家住宅では土地の田んぼなどの粘土質の土を使っていたそうです。 地のモノを時間をかけることで建築材料として使うことができる

とっても贅沢な気分です。

久しぶりにゴアトラをかけながらテンション高めにハツリ作業が完了しました。

Before

After

次回は補修~木舞かき

既存の土壁がある部分は自作の壁土で隙間を埋める予定です。

さらにベニア板と外壁だけだった壁は間柱と貫だけのこして竹木舞にします。

土壁に想うこと

いよいよと思うとドキドキ

週末は壁用に寝かせていた土を使って壁の補修をしてみます。

田んぼの土を稲わらと混ぜただけです。ホントに固まるのか心配で心配でたのしくなっちゃいます。

ベニヤをはがした土間の空気が少しだけ軽くなった気がするけど、それはもしかしたら板一枚で屋外につながっている隙間だらけの壁のせいかもしれません。

とりあえずやってみたらできること

家を修繕するまでDIYなんて趣味はありませんでした。

ただ、出来る気がした理由は、時たま遊ぶ欧米人の雑さ加減と彼らの趣味がDIYだったりすることだったかもしれません。

あいつらにできるなら自分でもどうにかなる!

Naturalhighlifeでお伝えしたいのはその気持ち。 だいたいのことは自分でできるよ~ やってみると興味がわいてもって知りたくなったり、できる人を尊敬できたり、世界がぐわっと広がるよ~ ということなんです。

 

 

住んでいる家を住みながら壊す楽しさ!

いよいよ土間の改装、まずは解体

移住して3年目、3回目の夏です。たぶん。

いよいよ土間の改装をはじめました!念願の土いじり。土壁と三和土とかまどをつくります。

とはいえいつも通りぶっつけ本番。ネットで情報を手に入れて、あとは現場でw

はるから寝かせている田んぼの土と自然栽培稲わらも、たぶんいい感じに発酵しているはずです。固まるか不安で仕方がありません!

まずは、はつりから。ベニア板がはってあるのをすべてはがします。

ビフォー

アフター

外壁とベニア板の間にはなにもなくて湿気を合板が吸っていたのでベロベロでした。あらためて、新建材って長期間使えないということを実感。施工はすごく楽だけど、みためも最初はきれいなんだけど、経年劣化がひどい。。。

自然素材は手入れをすると年齢を重ねると内側から美しさがにじみ出る気がします!土壁の美しいこと!(外壁ははりなおしだな。。)

解体作業はちょっとシリアスに集中したかったのでゴアトラ

もちろん畑の草刈りも!

草刈りは夏の週末のマストタスクです。

庭の畑は「メヒシバ」がお元気です。イネ科の雑草は生長点が地面くらいの高さにあるそうなのでひたすら抜いています。

無肥料栽培をしていると、どうしても雑草と向き合う必要があります。だってすぐ生えてくる!野菜を駆逐してく!でも雑草の役割があることを知ってしまったら除草剤なんて使えない!

メヒシバは土壌酸度に関係なく繁殖できるそうなので、なるべく野菜が育ちやすい中性より弱アルカリ性に環境を整えたいと思っています。とりあえず草木灰を水にとかして液肥的に散布してみました。

いい結果に結びつくことを祈っています。

頑張るとおやつがでます。

畑作業や解体作業で大汗をかいていると、雑穀スイーツのおやつがでてきます!

今週は柑橘ジュースの甘味だけで作ったヒエ粉のぷるぷる。

火照った体に甘味とぷるぷるがたまりません~

来週は連休、いろいろはかどりそう!

Holiday Events

  • いんげんの種まき
  • 大豆の救出草刈り
  • 土間の壁はつり完了
  • 庭でプール
  • 定植した苺が枯れたと思ったら復活
  • 旭の七夕祭り

 

ただ気持ちのいい時間が流れるナチュラルライフ

自然環境がよいところに住むメリット

移住してよかったことは、自然に囲まれた生活であることかつ自然が厳しすぎずぼーっとできることです。

家に帰れば体も心も旅先で癒されるようにリフレッシュします。空が広くて庭も広くて、空気も水も美味しい。それだけで癒される気がします。

ただ眺めているだけで気持ちも体も元気になる

今日は自宅で仕事をしていました。

夏だけど涼しい1日でとても気持ちがよかったです。やっている仕事はいつもと同じでも、ふと眺める風景が素敵だと得られるものは多いなと感じました。

外で作業できない日でも家の中は快適でした。(そういう日もある程度ですが)土の上に建っている自然素材の家。理想の我が家です。

自然が広がっているだけでとても贅沢な気分になってしまいます。

自宅で仕事をする贅沢をあじわう

こんな気持ちのいい家で仕事をしていて嬉しいことは風景だけじゃなくて、おやつがいっぱい出てくること。 妻が自宅で不定期の料理教室をしているおかげで試食も兼ねたヴィーガンスイーツ(雑穀スイーツ)が食べられます。もちろんランチも美味しいつぶつぶ料理♪ 会社では味わえないもう一つの贅沢です。

今日のおやつはアイスとバナナフリッター。仕事中で写真はとれなかったけど、仕事中のおやつは美味しさ倍増です。

横では次男がハイハイをはじめてニコニコしていて、ただただ気持ちのいい時間が流れる1日でした。

仕事は結構ハードな日だったけど、これなら頑張れる!

 

そろそろ土間の改装をはじめます。

ひたすら草刈りをする週末

今週は畑の草刈りに追われていました。畝の草はぐんぐん伸びて野菜たちが弱ってきている感じです。 肥料も農薬もあげないからって放置していると雑草には勝てません。

で、ひたすら草刈り。 とはいえ週末やるくらいじゃ追いつかず、野菜たちには申し訳ない気持ちと、暑さで思うように作業がすすまないジレンマ。。。写真もありません。。。

そういえばもうすぐ八月だから

土間の改装を始めます。

移住して3年目、やっと土間の改装をはじめます。 土壁、三和土、かまど。

土をつかったDIYにいそしみたい! 春から寝かせている土壁の材料もいい感じ(に思える。やったことないのでなんとなくです。)

かまどをつくるのに必要な瓦も手に入れえて、もろもろ準備が整ってきました。

連休に間に合うように木舞竹も発注しよう!

先生はいないのでワークショップではないけど、お手伝い募集

そういうわけで8月の11日~15日に、土間の改装イベント(というほどのこともない、ただDIYするだけです)を行います。

古家で土壁を塗ってみたい方、簡単な「はつり(解体作業)」をやってみたい方ゆるっとご連絡お待ちしています~

 

Holiday Events

  • 夏野菜の畝の草刈り
  • 秋冬野菜の畝たて5本
  • 土間の壁はつり
  • 庭でプール
  • 定植した苺が枯れた

フリン効果は無肥料栽培の話ですぐ体験できる

フリン効果

フリン効果をご存知ですか? 私は昨日知りましたw

「IQテストで、どの世代も前の世代より高い数値を示すというものです。」TEDより

このお話にでてくるたとえ話が、田舎のじーさんと話しているようで面白かったのでご紹介します。

昔の人は仮定や抽象ができなかった(アレクサンドル・ルリヤの観察)

”1900年頃のロシアの農夫との会話

「カラスと魚の共通点は何だい?」 答えはこうです

「何もない。魚は食えるがカラスは食えないだろう。カラスは魚をついばむが 魚はカラスに何も出来やしない」

「でも どっちも動物じゃない?」

「もちろん違う」 「片方は魚で もう片方は鳥だ」”

 

”村にラクダがいることに慣れている人に尋ねました。

「ドイツにはラクダがいない。ハンブルクはドイツの都市だ。では ハンブルクにラクダはいるかい?」 答えはこうです

「まぁ大きな街ならラクダくらいいるだろうよ」

「私の言わんとするところは?」

「そこは小さな村で ラクダには狭いのかもな」”

これは無肥料栽培の話を農家の人にした時の反応そのもの

“「農薬も肥料も使わずに野菜を作っているプロの農家がいます。

農薬や肥料を使わずに野菜は作れますか?」

「作れるわけがない。少なくとも肥料をやらずに野菜は作れない。プロではありえない。」”

。。。

フリンの話を聞けばIQが高ければ良いわけではないことはすぐわかりますが、フリン効果は実体験ですぐに体験できますよというお話でした。

循環する世界って素敵だな。

草刈りをしました。

 ⇨ 

借りている畑の大きい方(1反)の草刈りをしました。なぜってずっとサボっていたからです。。。

先週半分やったから、今週は残りの半分。約2時間で撤収、まあだいたいOKでしょう。この草がまた次の畑作業で使える資材になります。

キャベツの芽が出ました。

少し前に蒔いたキャベツの芽がでました。

「キャベツに種がある」という当たり前のことがなんだか新鮮なのも、いいんだか悪いんだか。

でも、芽がでるのはいつでも嬉しいもんですね♪

循環という幸せ

芽が出て膨らんで、花が咲いて実がついて、種ができたら枯れて土に分解される。 そして種からはまた芽が出て膨らんで。

とてもよくできた仕組みに思えます。いっさいの無駄がないというか、無駄さえも意味がある。自然の循環する世界にちょっと感動しちゃうところです。

美しい。

投資(種まき)するとリターン(果菜)がそれなりに見込める上に、初期投資が小学生でも準備できるレベル。さらに、どのステージにおいても関わるだけで自分の健康や幸福感に貢献してくれる。なにより一つの種からものすごい種が取れて再投資できる。もちろんリターンは確定(食べることが)できる上にめちゃくちゃうまい。うまいはなし。

こんなに割のいい経済活動はそうそうありません。ていうかないと思います。

誰でも自分なりのスタンスで参加できる「自然の循環」の世界。もっともっと極めていきたいと思います。

Holiday Events

  • 苺の定植
  • 畑(大)の草刈り
  • 庭の草刈り
  • キャベツの発芽
  • 早朝農作業
  • インゲンのネット張り
  • タンドラのカーナビ出費検討
  • 海沿いのカフェでお茶

 

 

朝活。自然は日々かわっていく。

日の出のはやい時期の楽しみ

5時には日が昇っているこの時期は、朝から畑にはいれます。

出勤前にズッキーニの受粉をするのが日課になりました。8時には雌花がシュンとしてしまうそうなので、5時くらいに手で受粉しています。

トマトも味がのってきています。

すべて無肥料の自然栽培なのでスッキリとした味わいです。購入したらいくらになるかニヤニヤするのもたまに楽しみです(性格が悪いw)

丸の内の朝活と違うこと

朝活といえば丸の内。(が有名だと勝手に思っています)

朝一番の活動は何をするにも良い時間なのでしょうが、朝の喫茶店や会議室ではわからなかったことを畑で感じることがあります。

風景が日々どんどん変わるのです。自然が相手なので当たり前ですが、人工物は人が手を加えない限りあまり変化がありません。

こういう風景。(夜の丸の内w)

自然に任せた畑では、いつもなにかが動いている気配がします。虫かもしれないし、菌類も活動しています。風が吹くと、地球の息吹かと思うことさえあるのです。

自分自身が頑張らなくても、対象がどんどんと変化していく、たとえば子育てもそう、それがすごく良い刺激になります。

人も自然の一部と思うと、すごくらく

人の体も自律神経が働いて、勝手に生きているといつからか思うようになりました。

「今日も生きるぞ!」と毎日意識高く決意しなくても、生きてるなと。

自然の流れに乗っかると、あとは自動運転。それに気づいてからなるべく「自然にまかせる」生き方をしようと思ったのです。

 

やっぱり朝活してると意識高くなっちゃいますね!!

 

種とり 土の記憶を未来へ継ぐ

春菊の種とりをしました

春に畑に植えた春菊。種とりをしました。

キク科の春菊は無肥料でも育ちが良く、畑のアドバイスに来てくださった岡本よりたかさんも混植によく使うと教えてくださいました。

可愛い花が咲いて、その後上の写真のようになります。

花はこんな感じです。

種は花の下

枯れた花をむしると下に種がごっそりあります。

たくさんの種がとれて嬉しい♪

リターン何倍かと思うとウハウハです。春菊嫌いだと残念賞ですね。

継いだ種は強い

畑で採れた種を翌年まくと丈夫でよく成長します。植物も生き物、環境の記憶を次の世代に受け継ぐようです。世代を超えて少しずつ環境に適応していく様は未来はいつだって明るいと教えてくれているようでうれしくなります。

ちょっと面倒だけど楽しい種とり。一粒万倍を実感できるひと時です!

(ボサノバとか聞きながら種とりすると時間がゆったり流れていい気持ち〜)

Holiday Events

  • 小松菜、春菊の種とり
  • 庭にプールをだして子供と遊ぶ
  • 苺用花壇の土入れ
  • 畑のアドレス確認
  • 蕎麦まき(草マルチ)
  • キャベツの種まき
  • 田んぼの草引き

草刈りにはまる

草刈機じゃなくて刈払機なんですって

草が良く伸びる季節です。

田舎に来たら「刈払機」という言葉を耳にするようになりました。

草刈機と違うの?と思ったら、ちょっと違うようです。

草刈機;草専用、もしくは草を対象とした機械

刈払機;山林の下草にも対応した機械。細い木や竹もいけるやつ。

草だけでいい場合なんてそうそうありません!だから刈払機と呼んだほうが正しいらしいです。

衝動買い

で、今日は衝動買。刈り払う頻度があがるにつれて、どれだけ効率よく楽するかということに興味津々の今日この頃。

今日買ったのはこちら(数日前には竹もいけちゃう丸ノコ歯の回転歯を購入しました。)

  • 北村製作所 ジズライザー プロ ZAT-H18A 

  • 高儀 斬丸 巻き付き防止カッター 変則刃

  • 山善(YAMAZEN) 刈払機用 叩けば出る ナイロンカッター 取付穴25.4mm GT-03R

取り付け写真はこんな感じです。

すごくいい!

さっそく畑の草刈りで使用してみました。 体感として、草が絡まない・地面にそって回転歯が動いてくれるのでストレスがありません!!

刈払機もチップソーの研ぎをしっかりやるといいことも実感できました。

ナイロンカッターは以前購入したものが壊れてしまったのでツルッとしたナイロン歯をお試し買い。正直、鮫歯のほうがガンガンいけて好きなのですが駐車場整備でブロック塀周りも攻められるのは気持ちいいです♪

これが

こうなりました

なんとなくコツもググってみましたが、いつか実地で講習受けたいな~

ただ、草が生える本当の理由を考えないと、ただただ永遠に草刈りをし続けることになってしまう気がします。