冬のある日、家の寒さに凍えて考えたこと。

寒いです。家の中が。

なぜだか、外のほうが暖かく感じます。

高気密高断熱とは違うなにかがあるんではないか!外のほうがあったかいなんて!

と思いつつ、窓を二重にする方法を模索中。

冬は身体を動かすのが1番ぬくいんですけどね〜

 

自宅にかまどをつくってみた

自給生活の醍醐味は電気ガス水道といった生活のインフラさえも自分たちでまかなえるところではないでしょうか。

煮炊きするにもガスがないとなにもできない生活から脱出!

とはおおげさですが、かまどで炊いたご飯はとっても美味しいということといざとなったらガスが止まってもなんとなかなるという安心感に魅せられて土でかまどをつくってみました。


材料土、割れた瓦、石灰、バーミキュライト、藁、耐火煉瓦、かま輪、煙突

作り方: ”土台→土と瓦でたちあげ→煙突もつけて→仕上げの左官”


まず土台は、耐火煉瓦を2段積みました。

本当は土に割栗石など叩き込んで三和土と同じ作り方をしたかったのですがコンクリートがうってある場所なので耐火煉瓦を耐火モルタルで施工

ジョイフル本田で耐火レンガと耐火モルタルをセット販売していました。ピザ釜などはパッケージ販売していたので楽して楽しめそうです。


羽釜は一升炊きだと大きすぎるということで7合炊きくらいの小ぶりなものを中古で探しました。木の蓋つき(木の蓋の加齢臭がひどくていまだに困っていますw)

羽釜にちょうどいいサイズのかま輪を探していたときのこと

光風林さんの事務所前を偶然通りかかって、かまどを見せていただきました。そのときに、かま輪は複数の大きさが使えると便利と教わり急きょこんなものを購入。

かま輪が届いたところでかまどのサイズが決まりました。中心からかま輪の半径の2倍の大きさが外周としました。

炊き口は耐火煉瓦を3つ組み合わせて完成です。

簡単。

ロストルは後付けも出来ると思いつけませんでしたが、もしつけたかったら次の土を積んでいく作業の前にロストルを置く台を耐火煉瓦でつくるとよいようです。

さて、いよいよ土を積んでいきます

土を10㎝くらい外周にあわせて円形に置いていき、その上に割れた瓦をお互い触れないように置いて、さらに土を盛って、瓦をのせて。。。これを繰り返して立ち上げていきます。

盛る土は、骨材と土を混ぜたものを作ります。厚みがあるほうが蓄熱して素早く炊けるそうです。

土と石灰とバーミキュライトと藁を水と一緒に混ぜます

配合は 土:30L, バーミキュライト:10L, 石灰:0.5L くらい

適当です


  • 作業の様子

そして完成!!

途中で煙突をつけることを思い出して慌てました

L字の煙突をなんとなく置いて固まるのを祈ります。

仕上げで内側も外側もきれいに左官して完成です。

乾燥に時間がかかるので慌てて作業しなくてOKです。

土の配合は手探りだったので最初の方は途中ひび割れしてしまいました。

石灰や藁を増やしたらいい感じに固まったので配合はやりながら変えていいと思います


さてさて、かまどで炊いたご飯ですが。。。

次元を超えたうまさ!!

 

時間をかければ意外に素人でもつくれるかまど、スペースがあればぜひ作ってみてください

ちなみにかまどでご飯を炊くのは土鍋より簡単です。

火を起こして沸騰したら鎮火を待つ。これだけで火加減調整なしでも美味しいご飯がたけました。

(かまどで炊いたご飯を、おひつにうつして食べるとなお美味しい!!

洗濯機を分解掃除すると気持ちいい!

乾燥機付き洗濯機、臭いが気になる

ドラム式の乾燥機付き洗濯機を愛用しています。

自然乾燥がいいのかもしれませんが、ワンオペ子育て家族にはとってもありがたい存在です。

購入してもう7年近く経ち、乾燥機能で衣類を乾燥した時に臭いがつくようになってしまいました。

エアコンでも空気清浄機でも、汚れを落とす系のマシンはなかに汚れが付着するので分解して手洗いするのが一番清潔になります。

ということで分解してみました!(自己責任!!メーカー保証されません!でも長く使いたかったら、DIY 自分でやる!)

拝啓、グーグル先生。

繰り返し繰り返し、DIYや田舎暮らしの知恵について、問われるたびにいつもいうことは

「ネット社会、検索すれば大抵OK」

実際には、図書館で本を借りるのでもいいのですが情報化社会と言われるようになって自分で情報を取りに行けば得られることが格段に増えました。 図書館だってネットやスマホから予約ができるのですからお手軽です。

まずやってみる、の前に、まず情報を集める。そして、とりあえずやってみる。

というわけで、ググりましたw

「洗濯機 分解 掃除」 などといれると結構でてきます。

今回お世話になったはこちらのページ(うちの洗濯機と同系列だったので)

実際結構簡単な作業ですが、設置場所が悪く壁際のネジを外すのに苦労しました。

上のカバーをはずして

 

乾燥ゴミの通るところ。。。カビも生えていました。。。

 

ゴミとったよ。

 

とりあえずここまでにしておきました。ドラムとか外すとえらいことになりそうなので。。

消臭!すっきり!

機械って掃除しないとダメですね。メンテナンス前提でいないと辛い思いを我慢するか買い替えになってしまいます。

なにより自分で掃除ができた満足感と清潔になったこと。

自分でやるってすばらしい!!!(自己責任で!)