やりたいことができるようになるためのトレーニング

今日はマスタードシードの種取りをしました。

親子で種取りをしている姿を眺めていたら、気づいたことがありました。

やりたいことがやれるようになるための種

あなたはやってみたいことがある時にチャレンジできる人ですか?

普段から自分の気持ちに素直になったり

ちょっと思いついたことにチャレンジする癖をつけておくと

やりたいことがあった時に、とりあえず行動できるようになって

「やりたいことがやれる」人になっていきます。

この記事を読むとやりたいことができるようになるための最初の一歩について

知ることができます。

移住なのか引っ越しなのか

ちょっとした例えばなしなんですけど

田舎暮らしに憧れます、という人がいた時

大きく2種類に分かれます。

憧れるのでどうやったか教えてください という人

憧れるけど自分にはできないです という人です。

どちらが正しいということはないんですけど

もしあなたが 「憧れるけどできない」というタイプの人だったら

ちょっとこの質問を考えてみて欲しいんです。

「地方移住と引っ越しの違いってなんですか?」

ちょっと変テコな問いかけかもしれないですけど

国内で移住するんだったら

自分の住んでいるとこの隣町に引っ越すことと

地方の自然豊かな場所へ引っ越すこと

違いって、なんなんでしょう??

海外移住と違って

同じ言語、法律の同じ国の中の話です。

みているテレビ番組だってだいたい一緒です。

都会と田舎の違い なんて考えだすとキリがないですけど

逆に同じところも多そうです。

田舎暮らし始めましたってと聞くと全然違う世界に飛び込んだようなすごいこと みたいですけど

引っ越しと聞くと住む場所が変わるんだねー くらいの気軽さがありませんか?

憧れるが故に自分でハードルを高くしすぎていること ないですかね?

(移住の話は例え話なので、自分が憧れることがあったらなんでもOKです、置き換えてみてください。)

それでもあなたは行動しない

そんな話を聞かされて

「頭ではわかっているけど、なかなかそうもいかないです。」

という人がいたら

ぜひ、普段からやってみて欲しいことがあります。

簡単なことから、とりあえず行動を起こす ことです。

それができないから悩んでるんじゃん という声が聞こえてきそうですが

そこで、マスタードシードの種取りした話です。

マスタードシードってマスタードの種です、そのまんまですけど。

育てるのも簡単だし、種取りだって子どもでもできるくらい簡単です。

(ほのぼの〜)

買おうと思えばすぐ手にはいるマスタードですが

自分で作ってみようと思えばそんなにハードルは高くないんです。

ほんとひと手間レベル

このひと手間の行動が起こせれば、だんだん自分のしたいことをするクセがついてきます。

とにかくちょっとだけやってみるトレーニング

実はこのちょっとした行動を起こすのが一番たいへんでもあります。

たいしたことはない、

ちょっとしたことを行動に移せるようになってくること

これこそが「やりたいことをやれるようになるための種」なんです。

ポイントは、行動を起こす訓練をすることが大事で、内容はなんでも大丈夫ってことです。

例えばマスタードシードの種取りをして自家製マスタードを作る妻は

普段から「やりたいことをやる行動力」を磨いているので

自分でやりたかった電気工事士の資格を取ったり、自宅で料理教室を開いたりしています。

やってみたいなと思いついたところから実際に行動に移すまでが早いので

その先にあることを実現するのもはやくなるという感じです。

スポーツでも普段から走るトレーニングをしているから

本番でも早く走れますよね。

ぜひ、あなたも日頃からやりたいことやるトレーニングしてみてください。

初めは自分でもあっけないくらい簡単なことから始めるといいと思います。

今日のナチュハイライフは「やりたいことができるようになるためのトレーニング」でした〜 ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました