パレット小屋 完成

骨組みが出来たので面(床、壁、屋根)を留めていきます。

壁と屋根は建築用構造板の合板にしました。

自宅のリノベーションでは極力使わなかった合板、倉庫なので工期短縮で使います。

床はすでに壁が立ち上がってしまっているので施工しやすさを優先して野地板を長さを合わせて留めていきます。

次の小屋を建てる時は床板を先に貼ってから壁をのせよう。。。

屋根は梁の上に合板をのせます。構造用なので長さは1892mm。合板を切らなくてもいいようにこの長さに合わせたところに梁をいれました。

面が出来ると小屋の剛性がでてほぼ完成!

合板むき出しでは風雨に弱いので透湿防水シートを全体に貼ってから、屋根はルーフィングシート、壁はペンキ(水性にしました。)を施工。

1つ目のパレット小屋が完成です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です