水道にプレフィルターをつけてみた

先日、給湯器が壊れました。。。

業者さんにみてもらったところ、井戸水のゴミが溜まっているとのこと。(せっかくの田舎暮らしなので生活用水は井戸水にしました。水道代無料。フリーダム。)

ついでに我が家の井戸水はカルシュームが多い、硬水ということがわかりました。

毎日エビアン。

軟水にするには電気分解が必要ということで今回は見送り。(20万円くらいするそうです。)

さて、給湯器はゴミをとってもらったらお湯が出るようになったのですが、

業者さん:「またゴミが詰まると思います。」。。。

。。。。

。。。


給湯器の前部分にプレフィルターをつけることにしました。

プレフィルター

実際には井戸水用プレフィルターというのがあったので、そちらをつけました。

 

さて、自宅の電気工事(電気工事士の資格あり)や自宅のリノベーションを続けて3年目ですが水道をいじったことがありません

調べたところ公共の水道管との接続以外は指定業者でなくても施工してOKとのこと。

というか、井戸水だからそういうの関係なし

素敵フリーダムライフ。

自宅の上水道管は給湯と常温の水で配管が別だったので、今回は給湯の給水管にだけプレフィルターをつけてみました


作業手順

給水管→給水栓用エルボ→タケノコ→ホース→タケノコ→プレフィルター→タケノコ→ホース→タケノコ→給水栓用エルボ→給水管→給湯器

で、こうなりました


簡単に書きましたがお湯が使えなくなるかもという恐怖とたたかい続けました!

ドキドキしながら塩ビ管を切ってエルボをホームセンター2件電話して在庫確認、ラッキーだったのは近所のカインズホームですべて材料をそろえられたので日暮れ前に作業完了できたことです。。

塩ビ管用のボンドシールテープが水道管工事専用という趣ですが、それ以外は管の径があっていれば繋げるだけの(終わってみれば)楽しい作業でした♪

(とりあえず配管をしたのですが、実はプレフィルターには流量(流れる水の量)が規定されているそうで、その計測をしていません。ちゃんとしないとフィルターの意味がないそうなので時間が出来たらやり直したいところです。)


これで、電気・水道と大工仕事をひととり経験したぞ!!(下水と発電という難関が残っていますw)

※念のため、うちの井戸水は基本的には飲んでも安全という検査結果がでています。給湯器が公共水道用だったのでプレフィルターでしのいでみるしだいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です