パレットで小屋作りをはじめました

場所の確保から

 

産業廃棄物になってしまう木製パレットをたくさんいただけることになったので、物置にする小屋を2つ作ることにしました。

まずは一つ目の小屋の場所を確保するため、

既存の物置(はじめてつくった薪棚)を解体します。

 

自宅のリノベーションで出てきた建具の一部を保存していましたが、

使い途もないのでガラスだけ外して薪ストーブの焚き付けにします。

ひどいありさまです。

まあ、田舎暮らししているといろいろ手が回らないことが多いわけです。(言い訳)

 

建具を解体していきます。

ガラスははまっているだけなので、サンを外せば綺麗にはずれます。

 

らんまはこんな感じではまっていました。(before, after)

どんどんガラスを外して、薪棚も分解して、

 

すっきり

 

さて、ここにブロックを基礎にして小屋を建てていきます。

 

三和土のDIY いったん終了

2月は作業がなかなか先に進みませんでした。

(風邪が長引いて半月潰してしまいました。。)

もう3月になってしまいましたが、三和土の表面がツルッツルには程遠いのですが厚みでたのでまた時期をみて仕上げます。。。

こういう施工スケジュールが柔軟に出来るのもDIYのいいところ!

↓こんなかんじで庭の土を掘っては振るうの繰り返しでした。

↓いくらやってもカサが足りない。。古い瓦やコンクリがらをしたにしくとしっかり締まるしカサもでます。

↓レベルをみているところ。(木を渡して凸凹をみているだけです)

手前の方は下にガラ等をしいたので一気にカサマシ!調子にのって表面を鏝でならしました。

 

鏝で叩いて表面をちょっとツルツルにしたところ↓

↓でも掘る土と作業時間がなくなって、カインズで黒土買ってしまいました。

 

↓あからさまに色が違う!(奥の黒いところが買ってきた黒土。。。)

たたきっていうから死ぬほど叩こうと思ったら、心が折れてそんなひとりではすぐに限界がきました。。。

カッチカチではないのですが踏んでも崩れない程度には固まったのでそのうち再挑戦!

さてつぎは物置小屋を建てます。。。

三和土のDIY途中経過

達成感のない作業が続きます。。

庭の土を掘り起こす

ふるいにかける

庭土に石灰と山土を混ぜる

現場に土をまく

突き固める

庭の土を。。。

ループ。。。。。

ループ。。。。。

 

 

WordPress upload album / Google Photos

辛すぎるのでブロックのかけらや古い瓦を敷いてかさ上げしてみます!

最初からそうすればよかった!

レベルをあわせるくらいになったら鏝(コテ)でツルツルにしてやろ(^^)

三和土のDIY施工スタート

いよいよ三和土(たたき)の施工スタート!

和製コンクリートともいえる伝統工法にワークショップなどのレクチャーなしで挑みます!(かまどのときはWSに一度参加して資料もいただいたのですが。。)

サンプルの仕上がりはご覧の通り。にがりを入れたら割れました。(にがりのせいではなく、単に水分が多すぎるという気もします。)

山土を振るうのがおっくうなので、基本は庭土と石灰でいきますよ~(施主=自分がOKなのだから何が起きても文句はございません)

さっそく土間の半分を15CMくらい掘っていざ!

。。。

。。。。

すごくしんどい!!

材料を置く場所がないので庭土を掘ったそばから振るう

石灰と目分量で混ぜる

タコでつく(ここまで想定内)

タコでつくと土がほぼなくなる(薄くなる)、全然作業がすすまない

終わりが見えないので重機を借りてこようとかタコをやめて専用の道具を買おうとか逃げたい一心でいろいろ妄想

追加の道具購入を妻にとめられる(この作業終わったら確かに洋ナシ)

あきらめてなるべく手でたたいて雰囲気をだす自分を励ます終わりが想像できるようにする。(強度は二の次。あ!)

なんとなく土が盛れました。(1次フェーズ)

まだまだカサが足りないので、引き続き作業を進めます。

三和土の配合考え中

寒い朝ですね。 しっかり防寒して外に出ると空気が澄んでいてピリッと気持ちがいいです。

三和土の配合は、土と石灰だけにしてみます。

サンプルで、にがりをいれたものは割れてしまったから。(あと井戸水が硬度が高いので、なんかいけそう。化学?ニガテ。)

施工のときに、砂利を敷くという人と混ぜるという人がいてどっちがいいのかなーと妄想。
敷くのであれば、コンクリのガラが大量にあるのであれをしたに叩き締めてしまおうかと、産廃投棄をもくろんでいます。
石灰や水と反応してボロボロになっちゃうかな。

三和土(たたき)をつくりはじめました

  • 自宅の土間に三和土がつくりたい症候群

古民家といえば、つち壁・かまど・たたき でしょう!

というほど、やりたかった三和土。

やっと始めます。

今の状態

先日、コンクリートをはつって土むき出しの状態ではや数か月。。。

現役で使っている土間なので半分づつ施工します。


  • 作業手順を確認
三和土(たたき)は、「敲き土(たたきつち)」の略で、
赤土・砂利などに消石灰にがりを混ぜて練り、
塗って敲き固めた素材。3種類の材料を混ぜ合わせることから
「三和土」と書く。土間の床に使われる
出典:wikipedia

土(砂)と石灰とにがりがポイントのようなので、配合を考えます

調べてみると、土にあわせて配合がかわるのでどんな現場でもいくつか配合を試してから施工するとのこと。

ちなみに、石灰は固化する作用にがりは吸水してとくに冬場に乾燥しすぎるのを防ぐ作用 となるようです。

だもんで、にがりを混ぜないパターンもあるとか。

3パターンつくってみよう!

木枠を3つ作って3パターンをつくってみることにしました。

どんな配合にしようか、まだ悩んでいます。。

 

冬のある日、家の寒さに凍えて考えたこと。

寒いです。家の中が。

なぜだか、外のほうが暖かく感じます。

高気密高断熱とは違うなにかがあるんではないか!外のほうがあったかいなんて!

と思いつつ、窓を二重にする方法を模索中。

冬は身体を動かすのが1番ぬくいんですけどね〜

 

水道にプレフィルターをつけてみた

先日、給湯器が壊れました。。。

業者さんにみてもらったところ、井戸水のゴミが溜まっているとのこと。(せっかくの田舎暮らしなので生活用水は井戸水にしました。水道代無料。フリーダム。)

ついでに我が家の井戸水はカルシュームが多い、硬水ということがわかりました。

毎日エビアン。

軟水にするには電気分解が必要ということで今回は見送り。(20万円くらいするそうです。)

さて、給湯器はゴミをとってもらったらお湯が出るようになったのですが、

業者さん:「またゴミが詰まると思います。」。。。

。。。。

。。。


給湯器の前部分にプレフィルターをつけることにしました。

プレフィルター

実際には井戸水用プレフィルターというのがあったので、そちらをつけました。

 

さて、自宅の電気工事(電気工事士の資格あり)や自宅のリノベーションを続けて3年目ですが水道をいじったことがありません

調べたところ公共の水道管との接続以外は指定業者でなくても施工してOKとのこと。

というか、井戸水だからそういうの関係なし

素敵フリーダムライフ。

自宅の上水道管は給湯と常温の水で配管が別だったので、今回は給湯の給水管にだけプレフィルターをつけてみました


作業手順

給水管→給水栓用エルボ→タケノコ→ホース→タケノコ→プレフィルター→タケノコ→ホース→タケノコ→給水栓用エルボ→給水管→給湯器

で、こうなりました


簡単に書きましたがお湯が使えなくなるかもという恐怖とたたかい続けました!

ドキドキしながら塩ビ管を切ってエルボをホームセンター2件電話して在庫確認、ラッキーだったのは近所のカインズホームですべて材料をそろえられたので日暮れ前に作業完了できたことです。。

塩ビ管用のボンドシールテープが水道管工事専用という趣ですが、それ以外は管の径があっていれば繋げるだけの(終わってみれば)楽しい作業でした♪

(とりあえず配管をしたのですが、実はプレフィルターには流量(流れる水の量)が規定されているそうで、その計測をしていません。ちゃんとしないとフィルターの意味がないそうなので時間が出来たらやり直したいところです。)


これで、電気・水道と大工仕事をひととり経験したぞ!!(下水と発電という難関が残っていますw)

※念のため、うちの井戸水は基本的には飲んでも安全という検査結果がでています。給湯器が公共水道用だったのでプレフィルターでしのいでみるしだいです。

自宅にかまどをつくってみた

自給生活の醍醐味は電気ガス水道といった生活のインフラさえも自分たちでまかなえるところではないでしょうか。

煮炊きするにもガスがないとなにもできない生活から脱出!

とはおおげさですが、かまどで炊いたご飯はとっても美味しいということといざとなったらガスが止まってもなんとなかなるという安心感に魅せられて土でかまどをつくってみました。


材料土、割れた瓦、石灰、バーミキュライト、藁、耐火煉瓦、かま輪、煙突

作り方: ”土台→土と瓦でたちあげ→煙突もつけて→仕上げの左官”


まず土台は、耐火煉瓦を2段積みました。

本当は土に割栗石など叩き込んで三和土と同じ作り方をしたかったのですがコンクリートがうってある場所なので耐火煉瓦を耐火モルタルで施工

ジョイフル本田で耐火レンガと耐火モルタルをセット販売していました。ピザ釜などはパッケージ販売していたので楽して楽しめそうです。


羽釜は一升炊きだと大きすぎるということで7合炊きくらいの小ぶりなものを中古で探しました。木の蓋つき(木の蓋の加齢臭がひどくていまだに困っていますw)

羽釜にちょうどいいサイズのかま輪を探していたときのこと

光風林さんの事務所前を偶然通りかかって、かまどを見せていただきました。そのときに、かま輪は複数の大きさが使えると便利と教わり急きょこんなものを購入。

かま輪が届いたところでかまどのサイズが決まりました。中心からかま輪の半径の2倍の大きさが外周としました。

炊き口は耐火煉瓦を3つ組み合わせて完成です。

簡単。

ロストルは後付けも出来ると思いつけませんでしたが、もしつけたかったら次の土を積んでいく作業の前にロストルを置く台を耐火煉瓦でつくるとよいようです。

さて、いよいよ土を積んでいきます

土を10㎝くらい外周にあわせて円形に置いていき、その上に割れた瓦をお互い触れないように置いて、さらに土を盛って、瓦をのせて。。。これを繰り返して立ち上げていきます。

盛る土は、骨材と土を混ぜたものを作ります。厚みがあるほうが蓄熱して素早く炊けるそうです。

土と石灰とバーミキュライトと藁を水と一緒に混ぜます

配合は 土:30L, バーミキュライト:10L, 石灰:0.5L くらい

適当です


  • 作業の様子

そして完成!!

途中で煙突をつけることを思い出して慌てました

L字の煙突をなんとなく置いて固まるのを祈ります。

仕上げで内側も外側もきれいに左官して完成です。

乾燥に時間がかかるので慌てて作業しなくてOKです。

土の配合は手探りだったので最初の方は途中ひび割れしてしまいました。

石灰や藁を増やしたらいい感じに固まったので配合はやりながら変えていいと思います


さてさて、かまどで炊いたご飯ですが。。。

次元を超えたうまさ!!

 

時間をかければ意外に素人でもつくれるかまど、スペースがあればぜひ作ってみてください

ちなみにかまどでご飯を炊くのは土鍋より簡単です。

火を起こして沸騰したら鎮火を待つ。これだけで火加減調整なしでも美味しいご飯がたけました。

(かまどで炊いたご飯を、おひつにうつして食べるとなお美味しい!!

三和土(たたき)をつくる_はつり

これをあれでこうしました。

漫画風にさっくりと。(現状を三和土ができるようにアップデートしました。)

前に住んでいた方が造作した土間のコンクリートを

これ(ハンマードリル、大工のおじさんからの借り物)で

はつりました。

 

コンクリートの下には大量のゴミ。。。ゴミを埋めない!!(この家はこんなのばっかり)

綺麗にしました。

 

これで土だけの土間になったので、三和土の準備完了です。

合計8時間以上中腰だったので腰がハッチャケそうです。

あーにかあーにか。