車の維持費を節約して、田舎暮らしを楽しもう

これから地方移住・田舎暮らしをする人にとって「車」って重要なキーワードのひとつですよね。

都会ではなくて困らないけど、田舎に住むならひとり1台あると行動範囲がぐっと広がります。むしろ、車を持っていないとちょっと心配されるくらいの必需品です。

今回は、現役移住者の私が実際にやった節約方法とその結果まとめてご紹介しますよ!

 

こんなあなたにおすすめの記事です!

・移住したら車に安く乗りたい

・どうやったら安く車が買えるか知りたい

・田舎暮らし全般に興味がある

記事を書いている私はこんなひとです。

ナチュハイライフのプロフィール;

2014年に千葉県の田舎に家族で移住。

新鮮な野菜、大きな家、広い庭。都会ではかなわなかった豊かな暮らしを実現。

自分らしい生き方を見つけて実践中!自分で人生を切り拓くひとを応援しています。

田舎暮らししたいけど車って高いんでしょ?

あなたは田舎暮らしをしようと情報を集めはじめたとき

「田舎は車が必要だから、お金結構かかるよ!」

と聞いたことはありますか?

もし、あなたが都会に住んでいたら車はぜいたく品かもしれません。

でも、田舎は公共交通機関が発達していない&エリアが広いので

事実、車がないととっても大変!

ネットで「車の維持費」って探すと

「車は年間50万円はかかる!?」

「一か月で4~5万円はする!?」

なんて書いてあるのを見ると、

「田舎もお金かかるな~」

と思ってしまうかもしれませんね。

実際のところはどうなんでしょうか? 節約する方法はあるんでしょうか?

結論:維持費は1ヶ月1万円~2万円くらい

さっそくですが、地方出身・田舎暮らし6年目の私の場合をお伝えします。

金額を集計したら、1台あたり1か月2万円しないくらいでした。

(1台は軽自動車、もう1台はハイブリッドの普通車です。)

 

車にかかるお金の種類

車両代

税金/車検などの法定費用

・燃料代(ガソリン代)

・自動車保険

駐車場代

このなかで、赤いのラインを引いたところが節約ポイントです。

・まず、田舎では「駐車場代」がとても安いor タダです。

持ち家なら駐車スペースがあるところがほとんどです。 

 

駐車スペースにお金がかかるような場合は、田舎暮らしをエンジョイできない可能性があるので物件探しのときに注意しましょう。

 

・次に車検代」です。

金額を抑えたければユーザー車検もいいかもしれませんが、ちょっとハードル高いですね。

たとえば地元の自動車整備屋さんに、普段からオイル交換などで御世話になって信頼関係を築いておくと、

「車検なんですけど、あんまりお金かけられないんですよね~」なんて会話もできます。

あと、田舎の人脈には「車に詳しい人」がやたらと多いので、ユーザー車検を手伝ってくれる人がいたりするとかなり車検代は節約できます。

もちろんその分を別の形でお返しすることをお忘れなく!!

車はローンを組まないと買えない?

cadirac-car

田舎暮らしを満喫したいなら自動車ローンはお勧めしません。というかローン全般お勧めしません

(これは都会・田舎に関係なく個人がする借金は資産形成にもあまり得策ではないと考えています。)

 

なので、中古車をできるだけ安く買うことをおすすめします

まずは中古車販売をしている人と知り合いになりましょう。

そして、20万円以下で乗り出せる車を探してもらいましょう。

車は登録等で本体とは別に10万円くらいかかります。「乗り出し20万円以下」ですよ!)

 

これは中古車屋さんにしたら商売ではないレベルなので、無二の友達になるとか他でお礼ができることを探すとかオイル交換と車検は絶対お願いするとか

なにかしら感謝をお金かそれ以外のカタチで返しましょう。

たとえオートバックスのほうが安くても車の調子が悪かったら真っ先に連絡します。定期点検もお願いすると関係が続いていいですね。

車を探してもらうときのポイントは

・走行距離が10万キロ以下

・乗り出しで20万円以下

・事故車ではないもの

・改造していないもの

・(出来れば雪国では使っていないもの)

・(出来れば海のそばで使っていないもの)

年式はあまり新しいものはお勧めしません。(20万円で新しい車なんて乗れません

 

 そんな車本当に動くの?

普段のメンテナンスをちゃんとしていれば日本の車は壊れません!海外で人気の理由はこれですよ~。

「古いものを大切にする」という気持ちでメンテナンスは欠かさなければ、安い車でもキチンと乗れます。

(まあ、それでも事故車とか運が悪ければ壊れますけどね。20万円の車なら1年に一回乗り換えても安い!)

 ただし、信頼できる人が買い付けてくれた車に限ります

いきなり知らない中古車屋さんにいって「安いのください」といってもそんなのありませんといわれるか、事故車を売りつけられるかわかりません。

 

田舎暮らしでおすすめの車

田舎暮らしでおすすめの車はこちらです。

軽自動車

ハイブリッド車全般

普通車のワゴンタイプ

軽トラックをお勧めしたいところですが、2人乗りなので使い勝手が悪い場合もあります。

 

あと、とっても便利ですけど軽バンは燃費は悪いです

 

とはいえ、草払機を運んだりたくさん野菜をいただいたりと、田舎暮らしは荷物がたくさん載る車のほうが便利です。

あと、昔からある道は「軽自動車1台しか通れない細い道」が結構あるのではじめは軽自動車が1台あるといいと思います。

k-car

まとめ

車の世界は車両価格も維持費もピンキリです。

知り合いに頼んで中古車を落としてもらえれば、それなりにいい状態の中古車が安く手にいれられます。

税金や法定費用は節約できませんが、燃費のいい走り方をすればガソリン代が安くすむ

きちんとメンテナンスをしてあげれば急に壊れることもありません。

ぜひ、これを参考に車にお金をかけない田舎暮らし楽しんでみてください。

 

今回のナチュハイライフは「車の維持費を節約して、田舎暮らしを楽しもう」でした。

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました